杜のまなざし(12)

 「樹恩」

  樹恩と言う言葉を、お教え下さったのは柏樹社の中山社長だった。樹医の山野忠彦翁も樹恩という表現をしておられた。

 1990年柏樹社より出した『愚者の智恵』あとがきを少し長くなるが、引用させて頂く。

 「人類中心的価値観は、人類以外の存在がコミュニケーション能力を持ち、ましてや判断力を持っているということを、永い間、容認することが出来なかった。人類の持つこうした認識の枠組みの狭さがどれほど多くの事実に対して私たち自身を盲目にしてしまっていることだろう。

 みどりがなければ、私たちはこの惑星上に今あるような形では存在しなかっただろう。地球上にみどりが発生して以来の、長い長い歴史の中で我々は育まれてきた。その間、意識する、しないにかかわらず、みどりと交流しながら、私たちは人類というものにまで至ったのである。いまや、私たちは、このみどりと交信し、理解し合い、癒し合うことができるかどうか問われている。」

 30年近く前の文章である。

この本発刊当時、「ロマンですね」と鼻先であしらわれることが多かった。

 ステファノ・マンクーゾという研究者がいる。

イタリア、フィレンツェ大学農学部教授、国際植物ニューロバイオロジー研究所の所長でもある。この植物の『知性』研究の第一人者の研究成果は、これまでの人間中心主義の生命観、価値観を大きく転換するものである。

脳も無い植物に知性がある!?と大半の方は反応されることだろう。

 「知性」という言葉を、『問題を解決する能力』と定義できるとしたら、植物は知性をもっているだけではなく、その知性は輝かしく素晴らしいものであることをマンクーゾ氏は、その研究成果を持って証明している。

こうした植物の知性について定量データに基づいて初めて科学的に示したのは、チャールズ・ダーウィンである。

 植物の知性に関するマンクーゾ氏の成果についてお知りになりたい方は、

氏の著書“Verde Brillante”の翻訳「植物は<知性>をもっている」をお読みください。

 ここでは、マンクーゾ氏も著書で触れている別の事実を述べておきたい。

地球上のバイオマス(個体の総数ではなく、生物の総重量)のうち、多細胞生物の99.7%は、人間ではなく植物が占めている。人間と、全ての動物を合わせてもわずか0.3%に過ぎない。

 マンクーゾ氏も指摘している。「われわれこそが地球の支配者であり、地球を自在に操る力をもち、ほかの種よりも大きな権利をもっている」という人間の思い上がった考えと、この事実の矛盾を。

 「植物は、私たち人間がいなくても、なんの問題もなく生きることができるのに、私たちは植物なしではたちまち絶滅してしまう。」というこの植物学者のつぶやきも、それを真に理解しているのは人間たちではなく、植物たちなのかも知れない。

 私たちは、植物に依存して生きている。樹恩、草恩、もろもろの緑恩に深く頭を下げる他ない。 樹遷

樹遷の養生塾

0コメント

  • 1000 / 1000